絵本セラピーって何?絵本セラピー®ってなんだろう?というお問い合わせにお答えします。

絵本の書評と感想
こんにちは。ひだまり花梨館 香川ミカです。 絵本のちからや、胎内記憶教育を通してほっこりかろやかになるヒントをお届けできたらと思っています。   ~*~*~*~*~*~  「絵本セラピーって、  どんなことをするの?」  というお問い合わせがありましたのでお答えしてみたいと思います。  まず、絵本セラピスト協会のホームページには、 『絵本セラピー®とは、 絵本の力を借りて、ありのままの自分で交流できる 安心安全な「場」を作る技術です』 と書いてあります。  ん?  わたしが5年前に講座を学んだ頃(テキストだったかなぁ?)には、 『絵本の力を借りて、その人のありのままを自然に引き出す大人のための ふれあいと気づきのワークショップ』 と、書いてあったと思います。  なるほど~。 ・・・ですか?  ではでは 具体的にわたしの絵本セラピーで、 何をするかというと、 絵本セラピスト(わたし)が、テーマに沿って、数冊の絵本を読みます。(基本は5冊ですが、決まってはいません)  わたしからの簡単な問いかけに対して、感じたことを書きだしてもらい、  一人一人 順番に答えていただいたり。 それをみなさんと分かちあったり。  もちろん、答えたくないことは「パス♡」していただきます。「パス♡」は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました