大河ドラマ 青天を衝け 初回感想

小説の書評と感想
さいっこーの初回でしたね!え!え!?いきなり家康さま(北大路欣也)キターー!!家康さまと学ぶ日本の歴史!そうキタか。そうきましたか。江戸時代末期も末期の幕末から明治大正昭和と激動の時代を活躍して近代日本の基礎(電気水道ガス銀行etc……)を築いた男が主人公ときたら、日本(日の本:ひのもと)の流れをさらってみたくなります。そもそも主人公渋沢栄一の生まれた江戸時代とはどういうものだったのか、開闢した家康公が御自ら解説してくださるっていうスタート、いいじゃないですか! しかも家康が北大路欣也!家康オーラが凄い。これは東照大権現さまですわ。これぞ大河ドラマですわ。ピシッと背筋をただしてくださった感じ、あります。そして墨が流れ……オープニング……薄く、濃く、淡く、激しく、愉しげに。戦国時代や幕末動乱の雄々しい迫力のオープニングとも華やかなオープニングとも違う、ミステリアスながらも希望と明るさを感じるオープニングでした。青年渋沢栄一とラストショーグン慶喜の出会いから物語ははじまります。  草彅剛の圧倒的な存在感!声が……声、こんな声出せるんですね。声にびっくりしてしまった。初めて聴いた声です。これが慶喜の声なんですね……や、ホントすごくない?去年は凪沙さんだった(映画『ミッドナイトスワン』)んだよ?え?同じ人?別人?草彅剛の役者っぷりに仰天。つよぽんてこんな凄い役者だったの?みなさん知ってました?「僕の〜」シリーズとかちゃんと見てた人にはわかりきってる実力なのかな。つよぽんていうと「ぷっすま」ばっかりみてたんでただただ呆然としてます。(気づくの遅い)少年期の慶

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました