『日本古代の文書行政: 正倉院文書の形成と復原』(八木書店出版部) – 著者: 矢越 葉子 – 矢越 葉子による自著解説

書評総合

『日本古代の文書行政: 正倉院文書の形成と復原』(八木書店出版部)著者:矢越 葉子
Amazon |
honto |
その他の書店
「ハンコ文化」と称されるほど印が広く一般に利用されるようになったのは江戸時代以降とされる。それでは、それ以前の社会ではどうであったのか。 
正倉院文書のハンコ
昨今、行政手続き上の「脱ハンコ」が話題になっているが、現代では納税や婚姻といった公的な手続きのみならず、会社や銀行での事務手続き、果ては宅配便の受け取りや子供の学校の連絡帳にまで印が利用されている。このように「ハンコ文化」と称されるほど印が広く一般に利用されるようになったのは近世以降とされるが、それ以前の社会ではどうであったのか。 古代におけるハンコ(印)の利用を考える上で手がかりになるのが奈良・正倉院宝庫に伝来した正倉院文書である。周知の通り、日本最初の印は後漢の光武帝から建武中元2年(57)に贈られた「漢委奴国王」の金印であるが、その次に現れる実物の印は正倉院文書中に残る大宝2年(702)の筑前・豊前・豊後の三国の戸籍(西海道戸籍)に踏印された諸国印である。同じく大宝2年の戸籍としては美濃国の戸籍(御野国戸籍)も現存しているものの、こちらには国印が捺されていない。諸国印については、大宝律令の制定と前後して、大宝元年6月8日に七道に新印の様を頒布し、慶雲元年(704)4月9日に鍛冶司に諸国印を鋳造させ(『続日本紀』)、これ以降、中央政府から諸国に印が配布された。この慶雲元年以降、諸国から中央政府に進上される戸籍や計帳といった文書や調庸物には国印が捺されるようになる(

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました