「スポットライト」三浦風 アフタヌーンコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは三浦風さんの「スポットライト」です!ストーリー A内容は、陰キャな大学生斎藤恭平はミスコンにエントリーするほどの美女・小川あやめに一目惚れをした。しかし陰キャで話しかける勇気のない斎藤は盗撮で彼女に近づいたつもりでいた。そんなある日、小川の誕生日と友人の告白イベントに撮影係として呼ばれた斎藤。彼はサプライズも告白も華々しく蹴散らす彼女と会話するきっかけを得る。だが小川に盗撮のことがバレてしまう。しかりミスコンの写真担当に選ばれたことで再び小川と近づく機会を得る。果たして斎藤は嫌われた小川に再び近づくことができるのか…〜ヘタレならもがけ〜Twitterで見かけて気になったので購入。買っていたのはちょっと前なんですけど読むのがすっかり遅くなってしまいました。陰キャ大学生の醜いところをグサリと抉り、強烈な言葉で刺す。最高に等身大で最強に陰キャな青春ものでした!面白かったです!大学で出会った小川に一目惚れするも話しかけることができずに盗撮に走った斎藤。うん。この設定が最高に陰キャで等身大の大学生。ピリッとした設定がほんまに最高です!せっかく小川の誕生日サプライズで距離が縮まったのに、盗撮がバレて小川に嫌われる斎藤。この時の「もう私を巻き込まないで」「一生てめーでオナってろ」のセリフが最高に強烈で好きです!陰キャだったが故に陰キャがにぎり潰され現実に叩きつけられる瞬間が最高にゾクゾクしますね(本来の楽しみ方とは違いますかね?)しかしミスコンの撮影担当という役割を得て、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました