『子供時代』(幻戯書房) – 著者: ナタリー・サロート – 堀江 敏幸による書評

書評総合

『子供時代』(幻戯書房)著者:ナタリー・サロート
Amazon |
honto |
その他の書店
問いの反復からあふれる優しさ
ナタリー・サロートの作品が邦訳されるのは、じつに四十四年ぶりのことになる。六〇年代から七〇年代にかけて、日本ではヌーヴォー・ロマン(新しい小説)と呼ばれるフランスの文芸作品が盛んに紹介されていた。輪郭のはっきりした人物が、よく構築された筋のなかを動きまわり、彼らの心理も丁寧に描写される十九世紀の伝統的な作風、現在でも「小説」といえばすぐに思い浮かぶような約束事によりかからず、語っている者の位置や語り方そのものへの意識を強めて、流動的な世界を描こうとする試みである。それを最も早い時期から実践していたのがサロートだった。植物が光などの外的な刺激を受けたとき、一定の方向に屈曲する反応をトロピスムという。サロートはこれを自身の文学的な手法に転用した。意識される前の、まだ形をなさない感情や感覚、言葉になる前の言葉の動き、外界の刺激に反応した心の状態をとらえるのである。この用語をタイトルに冠した『トロピスム』は一九三九年の作品で、その後も『見知らぬ男の肖像』、『黄金の果実』など、つねに未定型で「うち震えている」意識の下の意識を描いてきた。だから、本書『子供時代』が八三年に刊行されたとき、あのサロートが、具体的な動かないイメージを描くのかという驚きと戸惑いがあった。同時にまた、読者はこの稀有な作家の≪自伝的≫な背景を少しでも知りたいという好奇心にかられたはずである。しかし手に取ってみると、サロートはサロートのままだった。作家自身を思わせる人物と、記憶を共有してい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました