『水都 東京 ――地形と歴史で読みとく下町・山の手・郊外』(筑摩書房) – 著者: 陣内 秀信 – 松原 隆一郎による書評

書評総合

『水都 東京 ――地形と歴史で読みとく下町・山の手・郊外』(筑摩書房)著者:陣内 秀信
Amazon |
honto |
その他の書店
水循環都市をとらえ直す
チェーン店の看板がケバケバしく、地域に潤いをもたらす屋敷森が突如マンションになり、プレハブ住宅が続く。評者は街並みの特徴を失ったそんな東京の景観を嘆いてきたが、1985年に出版された陣内秀信『東京の空間人類学』(筑摩書房)には虚を突かれた。陣内氏は建築史家であるというのに、また地元で名団地が跡形もなく取り壊されるについては議会で断固反対の論陣を張ったのに、眼前にある建築物を評するトーンはむしろ抑えている。古地図を片手に「場所の特徴」を書き出すに当たり、建物よりも植生、湧水とつながる聖域や水路・道のネットワーク、敷地割りをたどり、地形から東京の「都市を読み解く」のだ。なるほど古い建物が織りなす景観が失われても、地形という「基層」は消えない。しかもその東京像がふるっている。昭和になって鉄道や自動車が生み出した銀座や新宿、郊外のニュータウンといった「陸」には焦点を当てない。山手線の内側であっても江戸城ないし皇居の海側や下町は、河川や掘割が網目をなし舟が行き交う、ヴェネツィアに似た「水の都市」だというのだ。言われてみれば神戸にせよ開港から大正時代まで、大型船は沖合に停泊、荷は艀(はしけ)が受け取って陸揚げした。海底を深掘りした港がなかったからだ。東京湾ではさらに、佃島沖で荷を受け取った艀は近くの岸でなく、河川や人工の掘割に入り込んでいく。日本橋川周辺に倉がずらりと並んでいたのはそこが物流拠点だったからだし、飯田橋のように川沿

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました