「∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ」小路燦 角川スニーカー文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは小路燦さんの「∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ」です!ストーリー A内容は、魔界と人間界の狭間で生まれ育ったルデス村のセルト。彼は魔族に襲われる日々に嫌気がさし村を飛び出す。そんな彼は道中で出会った勇者にアドバイスをもらい勇者育成学校であるクレシエンド学園に入学する。衣食住が保証された学園で勇者を目指さずにのんびりと学園生活を送ろうとするセルト。だが、魔界に近い村で育ったおかげで身についた驚異的な魔術で注目を集めてしまう。規格外の長距離射程魔術を扱うセルトは元勇者の娘のフューラ、幼馴染のレリアのチームを組み次々と高難度クエストに挑むが・・とこんな感じです!〜驚異的な射程距離から魔術をぶっ放す!〜小路燦の新作!前作「異世界アンチテーゼ」が面白かったので新作楽しみにしてました!射程無限な魔術を扱う主人公が面倒くさがりながらも学園で成り上がっていく様子はグッド!面白い学園ファンタジーでした!魔界と人間界の狭間の村で育ったおかげで驚異的な魔術を手に入れたセルト。しかし彼は魔族に日々襲われる生活に嫌気がさし村を飛び出す。とにかく面倒くさがりな彼は、元勇者の衣食住が確保された環境という言葉に騙され勇者育成学校に入学することに。セルトはとにかく面倒くさがり屋でしたね。そのうち立っているのも面倒と言い出すのではないかという怠惰っぷり…うん、怠け者ですね。しかし入学試験で見せた射程距離をほぼ無視するという驚異的な魔術と、勇者の娘であるフューラとチームを組んだことで注目

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました