麒麟がくる最終回 本能寺の変 感想

小説の書評と感想
最終回は面白かった! 沢尻エリカ騒動とコロナ禍がなかったら……のifを想像してしまう。いろは大夫、東庵、駒、の出演時間が半分以下だったなら……信長や秀吉との関わりをもっと丁寧に描けていたら……傑作になり得た大河ドラマだった、と思う。信長の片思いかー……染谷将太版信長、とても好きだった。説明が足りないところを演技力で補ってくれてた。一貫してこの信長は片思いの人だったと思う。十兵衛(明智光秀)に対してもそうだし、帝にも将軍にも、多くの部下たちに対しても。信長が信頼や敬意や愛情を向けても、その想いは一方通行。なんでわかってくれないのか?背を向けるのか?ずっとその苛立ちと空虚をかかえて戦っていた。裏切られ続けて、それでも、十兵衛だけは裏切らないと信じていた。本能寺の変では、とうとうその十兵衛までもが裏切った。全幅の信頼を裏切られては「是非もなし」今回は「秀吉は本能寺の変を事前に知ってた説」を採ったのね。野心家で機に敏な秀吉ならさもあらん。アップが多いおかげで(ここだけは怪我の功名)佐々木蔵之介の高身長もさほど気にならず、表情と声音に酔わせてもらった。染谷将太信長も佐々木蔵之介秀吉も、外見では完全なるミスキャストだと思ったのに、まさかのハマりっぷり!感動!役者って凄いのね。竹中直人版「秀吉」は泣きじゃくってべしょべしょだったけど信長様が討たれる←チャンス!って興奮する今回の方が解釈としては好きだな。主君への忠義はあるんだけど、それはそれとして腹には煮え滾る野心もあって、ここぞというときにはそれが一瞬で逆転してしまう、という。だから、明智光秀の謀叛だって「なんだかんだで俺も天下を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました