暁龍「パラサイト イクメン」を読む

小説の書評と感想
 マンガ誌「家庭サスペンス」vol.31が、AmazonのKindle Unlimited版になっていたので、タブレットにダウンロードした。ネットでご活躍の、暁龍さんの作品が載るからである。 vol.31の特集は、「民度低すぎ ゲス夫婦」である。7名の女流マンガ家の、7編を収める。 暁龍さんのマンガは、昨年8月13日日の記事にアップした、「あなたよりも」以来である。
 今回の作品は、「パラサイト イクメン」と題する。モノクロ、32ページ。 自分の娘と同じ園に通う児の、父親がブログで当てて、職を辞め、イクメン本を出版するまでは順調だった。しかし行き詰って、ママ友たちと作った料理を、自分の料理かのようにブログにアップする。更にママ友の家の小物を盗んで、ブログにアップし、ネット・フリーマーケットで売ってしまう。さすがに警察沙汰となり、結末となる。 他の作品が、児童虐待や不倫を扱っているのに対し、暁龍さんの「パラサイト イクメン」は、庶民生活の最先端のネットをからませて、1歩先んじる。 なお画像は2枚とも、タブレットをカメラで撮影し、取り込んで補正した、お粗末なものである。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました