「いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。」六升六郎太 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは六升六郎太さんの「いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。」です!ストーリー A内容は、かつて幼馴染である夢見ヶ崎綾乃と喧嘩別れしまった過去を持つニ武幸太。彼は1匹の猫を助けたことをきっかけに女の子の声が聞こえるという特殊能力を得る。しかしその能力は女の子に告白されたら死ぬという代償付きだった⁉︎特にモテるわけでもないから大丈夫と安心する幸太。しかし綾乃が転校してきて同じクラスに!喧嘩別れしたから嫌われてるかと思いきやなぜか幸太のことが大好きで…表向きはそっけない態度取るベタ惚れ幼馴染との告白されてはいけないラブコメが始まる!とこんな感じです!〜転校してきた幼馴染がそっけないけど実は…〜六升六郎太さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品になります。デビュー作は過去に拝読させていただいたので六升六郎太さんの作品を読むのは今回が2回目ですね。心の声が聞こえるようになった幸太と表向きはそっけない態度を取るのに実は幸太のことが大好きな幼馴染の綾乃がかわいいいいラブコメでした!面白かったです!昔幼馴染の綾乃と喧嘩別れしてしまった過去を持つ幸太。綾乃は引っ越してしまい普通の高校生として生活していた。そんなある日、猫を助けたことで女の子の心の声が聞こえるという特殊能力を入手して…幼馴染との過去は鉄板ですけどいいですね…こういう過去に喧嘩別れしちゃった系幼馴染好きです!猫を助けたことで得る「女の子の心の声が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました