ボブ・グリーン「アメリカン・タイム」を読む

小説の書評と感想
 ボブ・グリーンのコラム集「アメリカン・タイム」を詠み了える。 彼の本を既に読んだかと、ブログを検索するが、ヒットしない。 集英社文庫、1993年・刊。45編のコラムを収める。 ボブ・グリーンは、シカゴ・タイムズのコラムニストになり、シカゴ・トリビューン紙、エクスクァイア誌のコラムニストとして成功した。邦訳も10数冊があるという。 文庫本のカバーは洒落ている(カバーイラスト、カバーデザイン、共に日本人に依る)が、読んだ感想は、芳しいものではない。名が売れている事を利用して、著名人をけなしたり、小エピソードを取り上げて有名にし、名を上げて行く。自転車操業か、ハムスターの回し車のように、走り続けるしかない。 アメリカ人には、アメリカン・ドリームの体現者に映ったのかも知れない。 2002年9月、古いスキャンダルが発覚し、シカゴ・トリビューン紙のコラムニストの座を降りた。彼はその後も執筆を続けている。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました