「幼馴染で婚約者なふたりが恋人をめざす話」緋月薙 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは緋月薙さんの「幼馴染で婚約者なふたりが恋人をめざす話」です!ストーリー A内容は、御曹司の鳥羽悠也とお嬢様だけど実はグータラ気質なところのある御令嬢の伏見美月。2人は幼馴染で婚約関係で高校入学時から半同棲生活を送っていた。学校でも周囲が認める熟年夫婦なのに、お互いを幼馴染として知りすぎているが故に恥ずかしくて手もつなげない⁉︎夫婦以上恋人未満な2人が本当の恋人を目指すバカップルラブコメが始まる!とこんな感じです!〜カップルだけど幼馴染で恋がわからない!〜緋月薙さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。緋月薙さんの作品は各所で面白いと聞いていたので新作読むのが楽しみでした!めっちゃいいバカップルラブコメで最高に楽しませていただきました!面白かったです!とある名家の御曹司である悠也と御令嬢の美月。2人は幼い頃から知り合いで両親が結婚を決めた婚約関係で学校のみんなからは熟年夫婦と言われるくらいに仲がいいことが当たり前なカップル…この高校生夫婦の生活が羨ましすぎて泣きそうです…なんでこんなにイチャイチャしていて恋愛感情とか欲的なものがなくてフラットな関係やねん。しかし2人は恋人っぽいことをすると恥ずかしいという事実に気づきます。この恋人っぽいことをすると恥ずかしいことに気づく2人はマジで尊いですね…えっ、今更そこを恥ずかしがるの?だらしない姿もダメなところも性癖も全部知られているのに手繋ぐのがダメ?は?やば?みたいな感情が体を駆

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました