「声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。」神戸遥真 メディアワークス文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは神戸遥真さんの「声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。」です!仕事のストレスが原因で声が出なくなり会社を辞めた絵麻。ルームシェアしていた友達も結婚を機にいなくなり、祖母の残した家でずぼらな引きこもり生活を送っていた。そんなある日、ルームシェアをしていた友達の弟だという空が現れる。絵麻の生活っぷりを見て呆れた空は半ば強引に一緒に暮らすことになる。空の料理や絵麻のお世話により改善されていく生活。そしてお互いに惹かれあっていく2人。だが空はある秘密を抱えていて…神戸遥真さんの新作。個人的には初挑戦の作家さんです。書店で一目惚れして買ってみました。ダメダメな絵麻が空のおかげて少しずつ輝きを取り戻していく過程が印象的な温かな恋愛ものでした。面白かったです。仕事のストレスが原因で声が出なくなってしまった絵麻。仕事をやめて引きこもりでズボラな生活をしていたところに現れたのは空という青年。ルームシェアをしていた友達の弟だという彼は絵麻の引きこもり生活を見て半ば押し切るように同居を始めることになります。序盤は絵麻のダメダメさ、空くんの強引さが印象的でしたね。元彼は浮気性のクソ男で、仕事もいらないものをいっぱい抱え込んでしまって、ルームシェアをしていた友達がいなくなったためズボラな引きこもり生活…そんな絵麻のダメさを目の前にして一緒に暮らことを提案する空。空くんも20代後半なのになかなか強引なことしますよね…そして絵麻が断れず二人暮らしが始まります。絵麻と空の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました