詩誌「水脈」69号を読む

小説の書評と感想
 県内を中心とした詩誌「水脈」の、69号を読む。 贈呈の到着は、今月25日の記事、届いた3冊を紹介する(10)にアップした。
 リンクには、同68号の感想へ、リンクを貼ってある。 詩では、N・としこさんの「掃く」に惹かれた。庭の落葉掃きの生活詩なのだけれど、4章は起承転結を成し、第3章では人生の感慨が述べられる。 A・比佐恵さんの「栗を拾う」では、「…廃道の/どん詰まりに/三本の山栗の木がある」と始まって、一人の栗拾いが楽しげである。思いは広がってゆく。 かつての代表の、I・信夫さんの名前がなく、心配である。 毎号、小説を載せている、N・えりさんの特集(小説3編、同人の感想エッセイ9編)がある。僕は詩誌の小説が、正道と思えなく、読んで来なかった。 またもう1つの特集に、「葵直喜さんを偲んで」6編がある。僕とは触れ合いが少なく、ほとんど読まなかった。「読み部」の自称がすたる、と反省した。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました