人生論あなたは酢ダコが好きか嫌いか

書評総合
副題:女二人の手紙のやりとり
著者:佐藤愛子,小島慶子  出版社:小学館  2020年5月刊  1,100円(税込)  189P
    ご購入は、こちらから
「父祖伝来の乱暴者の血を受け継いだ」佐藤愛子氏と「生眞面目さと無邪気さが同居」している小島慶子氏の往復書簡集である。
大正12年(1923年)生まれの佐藤愛子氏と昭和47年(1972)生まれの小島慶子氏は、およそ半世紀も年が離れている。
しかし、文章を生業(なりわい)にしている者どうし、歯に衣着せず思ったことをズバズハ言うものどうし、意気投合するところがあったのだろう。
対談をきっかけに「女性セブン」誌上で手紙のやり取りを連載することになった。
第1章のテーマは「夫婦について」である。
小島氏の夫は、40代の終わりに、「一度仕事を離れて自分を見つめてみたい」と言い出したそうだ。
放送局を退職してフリーアナウンサーになっていた小島氏は、仕事を辞めている自分が夫に向かって「仕事を辞めるな」とは言えず、「そうね、今度は私があなたを応援するわ」と言ってしまう。
気がつくと一家でオーストラリアに引っ越しており、一家の大黒柱となった小島氏が3週間ごとに日本に出稼ぎに出る、という生活が始まっていた。
負けん気の強い小島氏も、時々なんともやりきれない気持ちになるという。
一人で東京の出稼ぎ部屋にいる時に、

一体自分はなんでこんな侘しい一人暮らしをしてまで、一家を養う身の上になったのか。共働きは当たり前だと思っていたけれど、まさか大黒柱になるとは……

と考えてしまうのだ。
こんなグチとも言えない手紙

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました