【アイデア】『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』藤原麻里菜

ビジネス書の書評と感想
考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71

【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」でも何故か(失礼w)大人気だった1冊。
著者の藤原さんは、そのユニークな発明の数々で、海外からも注目されているクリエイターです。
アマゾンの内容紹介から一部引用。本書の著者は「無駄づくり」というコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの「無駄作品」を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では25,000人もの観客が殺到した、話題の発明家だ。(中略)
その発明は「目覚ましを止めてくれるマシーン」「イヤホンをからませるマシーン」「カップルが別れましたとツイートすると光るライト」など、「どこからそんなことが思いつくのか?」と思わされるものばかりで、その発想の「ユニークさ」「スピード」「量」はすさまじいものがある。
著者は、そうした発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく、本書に詰め込んだ。
考えることが苦手で、真っ白な企画書を前にしていつもうんうんとうなっている人、斬新なことを考えたくても、どうしても人と同じになってしまう人など、「考える」ことに悩むすべての人の福音となる1冊だ。
中古が定価の倍近くしますから、「10%OFF」のKindle版がオススメです!
続きを読む

Source: ビジネス書②

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました