総合歌誌「歌壇」2021年2月号を読む

小説の書評と感想
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2021年2月号を、ほぼ読み了える。 到着は今月25日の記事、届いた3冊を紹介する(10)にアップした。 リンクには、同1月号の感想の記事へ、リンクを貼ってある。 巻頭作品には、中流市民の意識が強く、過去の痛みなど織り交ぜながら、平穏である。 第32回歌壇賞は、帷子つらね(かたびら・つらね)「ハイドランジア」30首に決定した。ハーフの帰国子女らしい魅力を、それとなくしっかりアピールしている。「塔」「早稲田短歌」所属。今後の活躍を期待する。 選考座談会の記録では、合意の形成されてゆく様が明らかで、無理押しもなく、選考会のありようを示している。 僕は作品欄の末の「作品7首」欄の歌が好きだ。トップランナーではなく、遅れまいと追随する姿がある。時にトリビアを詠んで、親近感を持つ。 以下に2首を引く。右足の小指の小さき切り疵がふた月かけてやうやく治る(岡村彩子)バスを停めタクシーを停めバイク停めて私一人の横断歩道(田岡弘子)

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました