届いた3冊を紹介する(10)

小説の書評と感想
 最近に手許に届いた3冊を紹介する。 荻原浩の短編小説集「家族写真」を、メルカリで買った。入院中の1月3日、スマホより注文し、妻が談話室に持ってきてくれた。 初めての作家である。講談社文庫の乃木坂文庫。2017年3刷。7編を収める。 ただ1種、購読してしている総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)の2021年2月号が届いた。表紙のダーク調が続かなくて良かった。第32回・歌壇賞の発表、短歌甲子園2つと、3つの高校生大会の交流戦のオンライン大会の、報告がある。 同・1月号の感想は、昨年12月26日の記事にアップした。
 水脈の会より、詩誌「水脈」69号が届いた。 2020年12月15日・刊。A5判、66ページ。12名・19編の詩、他を収める。 同・68号の感想は、昨年8月22日の記事にアップした。
 いずれも読み了えたなら、ここに記事アップしたい。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました