今年最初に読んだ漫画

小説の書評と感想
漫画好きのわたしはもちろん元旦からマンガを読んでた。 が、何を読んだか…去年買ってしばらく放置してた和山やま作品のどれかが今年初読み漫画だと思う。 どれかなー『女の園の星』は年末に読んだから、『夢中さ、きみに』か『カラオケ行こ』のどちらかだと思う。和山やま作品はブログ巡りしてる漫画好きさんたちが複数絶賛していたので買ったけど、良い……言われてた通り、佐々木倫子風味あるね。 書店で最初に見たとき、なぜかBLマンガだと勘違いしてた。 あ。そうか。佐々木倫子との違いはそこだな。硬質な絵なのに色気がある。なんかエロい。だからBLマンガだと思ったんだ、きっと。   次に読んだのは『岸部露伴は動かない』実写ドラマの前後に読んだ。 ドラマよかったねー!!高橋一生版露伴ちゃん大好きになったよ。指を一本ずつ折っていく漫画家体操、わたしもチャレンジしたけど無理だったなあ。薬指と小指が連動しちゃう。ノベライズは読む気がしないので、今後もドラマでやってもらえるとありがたい。脚本家さんをはじめとする演者制作陣等々の露伴ちゃん愛を感じたので、なんならオリジナル脚本でもいいから続編希望したい。こんな素敵な実写化なら大歓迎!別物として最高だった。スタンド→ギフトっていうのもベネ!「くしゃがら」面白かった〜!蝶への問いかけはアドリブだったらしいね。森山未來いいわ。「D、N、A」はまあまあ。泉ちゃんのペラッペラ雑誌化はすき。「富豪村」はとびきり。原作でもこれは凄く好きなエピソードなんだけど、なんならドラマの方が良かったまである。マナー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました