『東大という思想: 群像としての近代知』(東京大学出版会) – 著者: 吉見 俊哉 – 村上 陽一郎による書評

書評総合

『東大という思想: 群像としての近代知』(東京大学出版会)著者:吉見 俊哉
Amazon |
honto |
その他の書店
教養学部が大学を方向付けた
良くも悪くも、東大は、日本における最初の近代的大学として発足以後、日本社会のなかに、ある種の場所を占め続けてきた。イギリスの有力誌<THE>の発表する昨年発表の世界大学ランキングでは、取りあえずは日本のトップに置かれている(三六位、京大は六五位、上位六位まではすべて国立大学法人)。そのブランド形成の歴史を振り返りながら、単なる世評を超えて、東大なるものに如何なる存在価値があり得るか、を論じようとする、野心的な目標を掲げた、結構異色の書物である。冒頭に編者の一人による、要領の良い歴史的オーヴァー・ヴューが描かれた上で、医学におけるベルツ、物理学における山川健次郎、工学ではH・ダイアー、東洋史学と白鳥庫吉、経済学と高野岩三郎、戸田貞三と社会学、造船・造艦技術と平賀譲、内田祥三(よしかず)の建築学の分野の過去が、それぞれの領域を代表する個人の仕事を中心にしながら、専門家の手で明らかにされる。そこまでは、ほぼ戦前の東大の横顔の記述ということになるが、その後、戦後体制の中心となった南原繁と、新制大学としての東大の一面が語られ、東大のみならず、全国の大学にとって、戦後最大の危機であった一九六〇年代末の学生反乱の東大版を、編者の吉見氏のほか、苅部直、岡本拓司の両氏の鼎談(ていだん)という形で振り返り、最後に、ある意味で「漸(ようや)く」最近設置された東京大学文書館に、専任として着任された、本書の編者の一人森本氏による資料管理に関する理念の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました