「弱キャラ友崎くんLv.9」屋久ユウキ ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは屋久ユウキさんの「弱キャラ友崎くんLv.9」です!⚠︎ネタバレありです!前巻の記事↓ストーリー キャラ AA内容は、レナちゃんに送られてきたLINEをきっかけに決定的にすれ違ってしまった友崎と菊池さん。そのことを知った優鈴と中村から友崎はファミレスに呼び出されて自分のしたことの意味を知ることになる。なんとか菊池さんとの関係は取り直したものの、友崎はゲーマーとしての自分の<業>とも呼ぶべき本質と向き合うことになる。そしてその中で明らかになる菊池さんのことと、日南葵が特別だという感情。果たして友崎は自分と向き合い、菊池さんと、そして日南に対する思いに向き合うことができるのか…とこんな感じです!〜本質を暴け〜シリーズ第9弾!累計120万部突破!アニメ絶賛放送中と今まさに油の乗りが最高の状態のシリーズですね!まず言わせてください…すごいとにかくすごかった。413pの物語に屋久ユウキさんの描ける全てが詰め込まれていたと思います。キラキラ輝く青春じゃない。かといって泥臭く醜い自分自身と向き合う物語でもない。本質という誰にもわからない自分の核を暴いて暴いて明らかにして追い詰める。そんな物語でした。そして1巻の伏線をここで回収してくる。圧倒的すぎました。とにかくすごい。すごすぎてすごいしか言えないです。さて、いつもはストーリーに沿って感想を書いて、キャラの魅力を伝えていくんですけど今回は以下の三つの視点で感想を書いていきます。・友崎が自分の業を知る・菊池さんが天使

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました