夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 著者 水野敬也

小説の書評と感想
夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神著者 水野敬也新たな知識を求めてこの本と出逢う。家族を愛する会社員。彼は夢は「このままの日常がずっと続くこと」。しかし彼は余命3か月を宣告されてしまう。残り3か月で家族のために一体何ができるのか。さらに事態は思わぬ方向に展開し、衝撃のラストへ――。夢をかなえるゾウシリーズ史上、最高に笑って泣ける、自己啓発エンタメ小説、第4弾!気持ちが滅入る時が人間にはあります。その時にどう切り替えるかが?人それぞれです。「読書」をすることも1つの手段です。まずは長生きする事が大切な事です。という事は健康に気を使う事です。健康こそ宝なのです。健康であれば何でもできる。生きているだけ、丸儲けと言ったもんですね。生きていると嫌な事もあります。辛い事もあります。悲しい事もあります。それでも生きているだけ丸儲けなのです自分が死んだ後の事を考える事も大切な事です。死後どうするか?それまでに何をするのか?なにしたいのか?改めて考える機会になるかもしれません。「読書時間」をもちいる事で。新しい発見があるかもしれません。読書は冒険かもしれません。未知なる知恵に出逢う為の。お金の問題がなかったら何をしたいのか?を考えてみましょう。本当はそれが一番、貴方のしたい事だからです。現実にはそうはいきません。都合よくいきません。ですが、お金に関係なく自分がしたい事が世の為人の為になるのであれば、ナント素敵な事でしょう。大きな夢を叶えるために、今日こそ一歩踏み出すのです。前に進むのです。一歩踏み出さなければ、何も変わりません。変化がありません。だからこそ踏み出すのです。勇気を持って。その勇

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました