「もし、恋が見えたなら」みかみてれん 七路ゆうき 角川コミックスエース

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはみかみてれんさん原作、七路ゆうきさん漫画の「もし、恋が見えたなら」です!ストーリー A他人の恋が矢印になって見える少女・鳴は恋愛には関わらないという決心の元、全寮制の女子校に進学する。そこで出会ったのは幼馴染で面倒見のいい紗世と美人なりんな。もう恋はしないと決めたはずなのに2人の恋の矢印は鳴の方を向いていて、しかも2人と寮で同室になってしまう。恋愛を絶対しないと決めた鳴は果たして2人と友達でいられるのか…〜友達じゃだめですか?〜ラノベ界の百合の巨匠みかみてれんさん原作の作品!みかみてれんさんの百合はやっぱりはちゃめちゃにいいですね…尊い…恋をしないと決めた鳴が、鳴のことが好きな紗世とりんなに心を動かされながらも学園生活を送っていくいい百合でした!面白かったです!まずなんといってもこの作品の特徴は恋の矢印ですよね!二色刷りとなっていて、恋の矢印やピンクが色つきで表現されてします!こういうの好きですし、なんといっても鳴ちゃんが実際に目で見えている世界が表現されているのがグッド!物語は他人の恋が矢印で見えてしまうため、恋愛絡みのトラブルに巻き込まれた鳴が全寮制の女子校に入学するところから始まります。そこで出会ったのは幼馴染の紗世。再開を喜ぶ2人ですが、紗世との間に恋愛絡みの過去が…いいっすね…久しぶりに出会った幼馴染がかわいくなってるの…ベタなんですけど、こういうところにドキドキしちゃうの本当にかわいいです…そして体調が悪そうにしているりんなと出会い、彼女を助けた

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました