「貴サークルは"救世主"に配置されました」小田一文 GA文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは小田一文さんの「貴サークルは"救世主"に配置されました」です!ストーリー A内容は、とあるアニメの同人活動を2年続けるもなかなか頒布数が伸びない星夜騎士というPNで活動する大学生。しかし彼の運命はある同人誌即売会で変わっていくことに。当然現れたヒメという女子高生に魔王の復活を止める存在だと言われる。最初は半信半疑だったものの、ヒメが化け物と戦う姿を見てそのことを信じる星夜騎士。しかし魔王の復活を止めるには冬コミで新刊100部を完売必要があった。2年間で6部しか頒布できていない星夜騎士は果たして100部を頒布し切ることができるのか…とこんな感じです!〜同人誌を100部売れば世界は救われる⁉︎〜第12回GA文庫大賞金賞受賞作!コロナ禍でちょっと厳しい同人誌を取り入れたお話でしたね。自分の同人活動が世界の命運に?という珍しい設定を余すことなく書き切った作品でした!面白かったです!とあるアニメのカップリングを2年間ひたすら書き続けるも頒布数は通算で6部という星夜騎士。僕もライトノベルの評論で同人活動している身(現在コロナ禍で中断中)なんですけど、最初の即売会で頒布したのは12部でしたね…懐かしい…てか星夜騎士さんその半分しか頒布できてないんですか…僕みたいに文章じゃなくて絵なのに…閑話休題。そんな星夜騎士の前に現れたのはかわいい女子高生。しかし突然「あなたは世界を救うために必要な人です!」というようなことを言われます。最初はもちろん疑う星夜騎士ですが、彼女のあまりに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました