『語前語後』(朝日新聞出版) – 著者: 安野 光雅 – 阿刀田 高による書評

書評総合

『語前語後』(朝日新聞出版)著者:安野 光雅
Amazon |
honto |
その他の書店
“自分ノート”、卓越した知性で面白く
自分史を綴ることがはやっている。いや、本当はそんなに、はやっていないのかもしれない。挑戦してみたけれど、なかなかうまく書けない。途中であきらめてしまう。それが実情ではあるまいか。たとえ自分のことであっても、長い一生を、煩雑な半生を、それなりにまとめて書きあげるのはむつかしい(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2009年)。 ――じゃあ、これはどうかな――本書を読んで、ふと考えた。安野光雅はこの手のエッセーをすでにいくつか上梓しているようだが、それはともかく内容的には、つね日ごろ“こころにうつりゆくよしなしごと”を記したメモランダム、自分ノートとでも呼べばよいのだろうか。巻末の対談“絵描きと数学者の出会い”を除けば、172ページが253の断片から成っている。思いついたこと、見聞したこと、などなどを10行、20行で綴っている。それがおもしろい。たとえば、“落語家の立川談四楼は、「儲けるという字は『信者』とある。宗教が儲かるわけだ」と言うのだった。人の為、と書いて「偽り」とは、以前書いたことがある。ウ冠は家を表すが、そこに百人が来ると「宿」となる。これなんぞは罪が軽い”。
わたしが初めて外国に行ったころは、一ドルが三六〇円だったが、今は一〇五円~一〇八円くらい(中略)。変われば変わるものだと知人と話していたら、初め為替相場をつくるにあたり、円

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました