出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記

書評総合
副題:こうして私は職業的な「死」を迎えた
著者:宮崎 伸治  出版社:三五館シンシャ  2020年12月刊  1,540円(税込)  246P
    ご購入は、こちらから
新聞に載っている出版広告でいつも目につく広告がある。
なんだかトホホな感じのイラストと、「ヨレヨレ日記」だの「ヘトヘト日記」だのトホホなタイトル。
最初に見たのは『交通誘導員ヨレヨレ日記』だったが、そのうち『派遣添乗員ヘトヘト日記』とか、『マンション管理員オロオロ日記』のような、テレワークとは縁のない職業の著者が続く。
なかには不思議なオノマトペが登場する『メーター検針員テゲテゲ日記』という、題名もあり、「テゲテゲって何?」とツッコミたくなる。
よく売れたので、きっとシリーズ化したのだろう。
見ているうちに脳ミソに刷り込まれたに違いない。『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』の広告を見たとき、とうとう「ポチッとな」してしまった。
配達された本書を手にして、すぐに気づいた。
この本、いままでの「ヨレヨレ日記」や「ヘトヘト日記」と違うぞ! と。
何が違うのか?
■ 違うところ、その1
タイトルにオノマトペが入っていない。
■ 違うところ、その2
いままでの表紙が白地だったのに、今度の表紙は黄色地。これ、重要かも(笑)。
■ 違うところ、その3
いままでより、著者が若い。
「ヘトヘト日記」の著者が66歳で、他の著者が全員70歳超えているのに、『出版翻訳者なんてなるんじゃ日記』の著者はまだ50代。
■ 違うところ、その4
今までの著者の仕事現場が屋外か住み込みだったのに、今度の著者の仕事はデスクワーク。ずっと家

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました