『ブルデュー『ディスタンクシオン』講義』(藤原書店) – 著者: 石井 洋二郎 – 石井洋二郎による本文抜粋

書評総合

『ブルデュー『ディスタンクシオン』講義』(藤原書店)著者:石井 洋二郎
Amazon |
honto |
その他の書店
なぜ『ディスタンクシオン』のように難解で高価な書物が、これほどのロングセラーになっているのか
現代の古典
ピエール・ブルデューの『ディスタンクシオン』がフランスで出版されたのは1979年、日本語の全訳が2分冊で出版されたのは1990年でしたから、原書刊行からはすでに40年以上、全訳刊行からも30年の歳月が流れたことになります。この間に訳書は版を重ね、2020年6月の時点で20刷を数えています。これは数多いブルデューの著作の訳書中でも、ひときわ突出した売れ行きと言っていいでしょう。その意味で、この書物は日本の出版界においてすでに「現代の古典」としての地位を確立したと言っても差し支えないように思われます。なぜ『ディスタンクシオン』のように難解で高価な書物が、日本でこれほどのロングセラーになっているのでしょうか。それはこれが異論の余地なくブルデューの代表作であり、その仕事のエッセンスを知る上での「必読書」という位置づけにあるからでもあるでしょうが、それだけでは説明がつきません。おそらくこの本で展開されている社会分析の方法が、おもに1960年代から70年代にかけてのフランスを対象としたものであるにもかかわらず、1990年代以降の日本社会の分析にも少なからず応用可能なものであったことが、売れ行きの息の長さに大きく与ってきたのでしょう。しかしながら実際に読んでみると、ブルデューの文章はきわめて入り組んでいて、およそ一読了解というわけにはいかない代物であることがわかりま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました