ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」

書評総合
ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」満足度★★★付箋数:22 posted with ヨメレバ茂木 誠 PHP研究所 2020年11月30日頃楽天ブックス楽天koboAmazonKindle 「アメリカの二大政党は、 “右”  の共和党と “左” の民主党です。 共和党は北部の大資本家の支持を バックに成立し、これに対する 民主党は労働者の政党として、 社会保障政策や労働者保護法の 制定など、弱者の側に立った政策 を実施してきた――と世界史の 教科書には書いてあります。 歴史的には、これは間違いでは ありません。ところが2016年の 大統領選挙では “右” と思われて きた共和党のトランプ大統領が、  “アメリカ人の雇用を取り戻す!”  と訴え、もともと民主党支持 だった労働者層の支持を受けて 当選しました。民主党と共和党の 役割が、入れ替わったようにも 見えます。同じような現象が ヨーロッパ諸国でも起こり、  “右” と思われてきた政党が 大躍進しています。いったい何が 起こっているのでしょうか?」政治的な思想を表す右派と左派。一般的には、右派は保守派で、従来の習慣や制度などを尊重する立場です。左派は、急進派で、革新的な立場をとる思想です。ただし、現代の政治思想は単純に右か左かだけの軸では、表せなくなっています。それにもう1つの軸を加えて、2軸マトリックスで現代の政治思想を読み解いて、歴史を含めて解説するのが本書です。著者は歴史系YouTuber、予備校講師として活躍する茂木誠さん。もともと、政治思想を2軸

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました