Slackデジタルシフト

書評総合
オンラインが前提のデジタルシフト
デジタルシフトにより、企業は従来以上の生産性を実現できる。また、デジタルへの変革が進めばオフィススペースに捉われないテレワークのような働き方も容易になる。
企業のデジタルシフトには、2つの世代がある。1世代目は、1990年代後半から起きた、PCの導入や文書作成のデジタル化だ。Officeを活用して資料を作成し、電話やFAXでなくメールを利用し、帳簿をデータベース化するなど、従来、紙ベースで行なっていた業務をシステム化していた時代である。
2世代目の、2010年代後半から起きているデジタルシフトは、オンラインを前提としたビジネスツールで情報を共有し、常時コミュニケーションを取りながら仕事を進める方法への転換だ。GoogleのWorkspaceやMicrosoftのTeamsのようなグループウェア、Zoomのようなビデオ会議、Slackのようなチャットアプリが主役となる。
1世代目のデジタルシフトでは、企業の主業務がデジタル化された。顧客管理システムや営業システムが、多くの企業で稼働している。対して2世代目のデジタルシフトでは、会議や社内外のコミュニケーションなど、組織として事業をするために欠かせない業務が対象となる。今のデジタルシフトは、オンラインを前提とすることで、業務のやり方を全く異なるものに変えてしまう。これに取り組むには、オンライン環境を当たり前に捉えて「オンラインで働く」感覚が大切になる。
 
オンラインで働くとは
「オンラインで働く」とは、業務の目的を捉え直し、デジタルツールを前提に手段を再構築することでもある。例えば、情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました