「人気NO.1予備校講師が実践! 「また会いたい」と思われる話し方」犬塚壮志

ビジネス書の書評と感想


【私の評価】★★★★☆(88点)

内容と感想
■予備校講師が、聞き手に良い印象を
 与え、口コミを発生させる話し方を
 教えてくれます。

 予備校講師といえば、学生に
 ガチンコで評価される立場。
 評判が悪ければ、すぐにクビに
 なってしまいます。

 著者は予備校講師になりたての頃は、
 生徒から辛辣なフィードバックを
 もらい、先輩講師を研究したという。

・生徒からの受講後アンケートで「生徒に媚を売っているみたいで、なんかイヤ」「授業に関係ない話はすんな」という辛辣なコメントをもらった・・・ようやく「話すときには、聞き手が何を聞きたいか、知りたいかが最も重要だ」と気づくことができたのです(p6)

■結論から言えば、
 先輩講師は生徒が求めることを
 話していたというのです。

 それは講義の内容で合格できること。
 入試の出題傾向を分析した内容であること。
 講師も元受験生であり、共に戦うこと。

 つまり、聞き手の心を動かし、
 内容に実利があることを
 明確に伝えていたのです。

・生徒に伝えていたのは、3点です・・・これから自分が行う講義は、志望校に合格するために必要な点が取れる内容である・・・過去の入試の出題傾向を分析・・講師である自分もかつては受験生で、不安や苛立ちの多い1年を共に歩むパートナーであること(p42)

■私がドキリとしたのは、
 「自信を持ったときに失言して
 失敗する」という失敗パターンです。

 特に、コミュニティ以外の人とは
 人間関係が構築されていませんので
 気が緩んでいると失言する可能性が
 非常に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました