『図説 化石の文化史: 神話、装身具、護符、そして薬まで』(原書房) – 著者: ケン・マクナマラ – 黒木 章人による後書き

書評総合

『図説 化石の文化史: 神話、装身具、護符、そして薬まで』(原書房) 著者:ケン・マクナマラ
奇妙な模様や形をした化石。人は太古の昔からこの不思議な物体に魅了されつづけてきました。しかし、それがはるか遠い時代の動植物の遺骸だと、まだ誰も理解していなかった「科学のない」時代、人類は化石をなんだと思ったのでしょうか。本書は、いわゆる化石の科学的な解説本ではありません。人類がこの不思議な自然物にいかに執着しつづけ、不可欠な存在と考えてきたか、化石と人類の驚きの物語をひもといていきます。石器人たちは化石のついた石を手斧にして「おしゃれ」していました。ネアンデルタール人は熱心な化石コレクターでした。中世ヨーロッパ貴族はなんと、解毒剤として化石を「服用」していました。魔力を宿し、心身を癒やし、持ち主に力を与え、その身を守る――化石にさまざまな価値を見出してきた人類の足跡をたどる『図説 化石の文化史』の「訳者あとがき」を抜粋して公開します。
いつから人類は化石熱に取りつかれたのか
本書の翻訳をしていてふと思い出したのだが、わたしの実家にも化石がひとつある。何歳の頃のことか忘れてしまったが(たぶん小学校低学年のときだろう)どこかの林道の脇に転がっていたものだ。茶褐色なので、今にしてみれば燧石(フリント)だと思しきその石は将棋の駒のかたちをしていて、大きさは手のひらにすっぽりと収まる程度、そして表面には小さな貝の化石がリベットのように浮き出ていた。削られた痕はまったくないので、残念ながら〈アシュール・ハンドアックス〉ではない。この石を手に入れてからしばらくのあいだは、にやにやしながらためつすが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました