自宅ではじめるひとりビジネス 著者 三宅哲之

小説の書評と感想
自宅ではじめるひとりビジネス著者 三宅哲之新たな知識を求めてこの本と出逢う。■副業ではなく複業で無理せずはじめるひとりビジネス 「今の会社がイヤ」、「会社の人間関係に疲れた」、「満員電車が苦痛」といったモヤモヤを抱えながら会社員生活を送っている人に、ぜひ読んでほしいのが本書です。本書が提案するのは、「副業」ではなく「複業」です。まずは、会社勤めを続けながら、ゆるいビジネスを目指してみませんか。 ■いきなり会社を辞めるのはおすすめしない 会社がイヤだと言って、辞めたとしても、日々の生活は続きます。 日々、稼いでいかなければいきません。やりたいことがしっかりと決まっていたり、長期的なビジョンを見通したりしている人は、いきなり会社を辞めるのもいいかもしれません。しかし、ほとんどの人は、会社を辞めても、何をやるのか、ぼんやりとしか考えていないのではないでしょうか。そんな状態で独立しても、うまくいくわけがありません。 ■誰に、何を、どうやって売るのかの見つけ方 自分の歩んできた人生を振り返ってみたり、自分の興味の掘り下げてみたりする方法を解説していますので、自分の潜在的な関心事に気づくことができるはずです。そこから、自分が「売るもの」を導いていきます。また、誰に売るのか、どうやって売るのかについても、わかりやすく解説しています。今の自分にできることから、無理のないペースで、自分らしい働き方を見つけてください。■目次 第1章 ひとりビジネスを始める前に、まず「キモチ」をリセット 第2章 どんなシゴトがつくれるの? 「人生の振り返り」から見つけ出そう 第3章「誰に」「何を」「どうやって」の三

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました