【雑談】作品のことが好きでも作者のことが好きとは限らないし、作者のことが好きでも作品のことが好きとは限らない

書評総合
雑談。エビデンスなし。感情論でぶちかます。またごちゃっとするので先に結論。タイトルの通りだけど「作品のことが好きでも作者のことが好きとは限らないし、作者のことが好きでも作品のことが好きとは限らない。でも作品が嫌いでも作家さんの人格を否定しているわけではないし、作家さんが嫌いでもそれはSNSを通して知るそのペルソナが嫌いなだけ。人格否定はしないし近づかないだけ」それじゃはじめましょ。あっ、言葉の定義はこんなん。ペルソナ:作家さんがSNSで見せるキャラクター人格:その人そのもの。リアル人格最近特に感じるのがタイトルの通り。作品のことが好きでも作者のことが好きとは限らないし、作者のことが好きでも作品のことが好きとは限らない。もっと言うのなら「作品も作者も好きになることがあれば、作者も作品も好きにならないことはある」要は4パターンなのだ。さて、今回この話題を出そうと思ったきっかけはラノベ界隈でも賛否がわかれる某青い文庫の青春ラブコメアニメが始まったからだ。この作品の面白いところは観測範囲では「作品は好きだし作者も好き」「作品は好きだけど作者は嫌い」「作品は嫌いだし作者も嫌い」という3パターンが存在する(残念ながら「作品は嫌いだけど作者は好き」という方はお見かけしたことはない)。確かにこの作品はその人気(100万部突破)もさることながら「作者がSNSを活用し積極的に前に出る」活動をしている。よって作家というペルソナにリアル人間性が非常に高いのだと思う。商業的な側面で見ると「作家は出版社に頼りすぎず自分で自作を宣伝すべし」という風潮にマッチしているし、その代償として嫌われていると思える。ま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました