2020年読んで良かった、ビジネス書・経済書3冊

ビジネス書の書評と感想
2021年になりました。
昨年2020年に読んで良かった、ビジネス書・経済書をまとめておきます。
(2020年発売の本だけというわけではありませんが)
2020年読んで良かった、ビジネス書・経済書3冊
『絶望を希望に変える経済学』 
成長の要因は?
『繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学』 
『ディズニーCEOが実践する10の原則』 
2020年に読んで良かった3冊 



読んで良かったビジネス書など3冊
 
2020年読んで良かった、ビジネス書・経済書3冊
『絶望を希望に変える経済学』 

絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか
作者:アビジット・V・バナジー,エステル・デュフロ
発売日: 2020/05/12
メディア: 単行本

 

 
紹介記事はこちら
『絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか』ノーベル賞を受賞した2人が説く
 
まずは、こちらから。
ノーベル経済学賞を受賞したアビジット・V・バナジー氏とエステル・デュフロ氏が、社会的な問題に関連する経済学などについて書かれています。
経済成長や貧困、格差、温暖化などの経済学的な知見を書かれています。
 
絶望を希望に変えるための経済学があるのかどうか。
そのあたりに興味がある方が読まれると良いと思いますが、先に言って良いのかどうかわかりませんが、そこまでではないというか。
 
というのは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました