『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行

庭(新潮文庫)

夫。どじょう。クモ。すぐそばにいる見知らぬ生き物。芥川賞作家の比類なき15編。私は夫と離婚をする。そのことを両親に報告せねばならない。実家へ向かう路線バスのなかで、老人たちがさかんに言い交わす 「うらぎゅう」。聞き覚えのない単語だったが、父も母も祖父もそれをよく知っているようだ - 。彼岸花。どじょう。クモ。娘。蟹。ささやかな日常が不条理をまといながら変形するとき、私の輪郭もまた揺らぎ始める。自然と人間の不可思議が渾然一体となって現れる15編。(新潮文庫)

【うらぎゅう】祖父は無言で自転車を漕いだ。まばらな家々の窓はどれも暗かった。祖父の脚の動かし方が急にぎくしゃくし、私はとっさに祖父の肩を握りしめた。すぐそこに骨があった。祖父はやや息を荒げながら漕ぐのを止めた。脇をバスが追い越していった。隣県ナンバーがちらっと見えた。

「大丈夫? 」「こっからお前漕げ。道まっすぐだ」 私はサドルに腰を下ろした。サドルはまったく温まっていなかった。後ろに乗った祖父は、あの薄い肩からは想像できないほど重かった。自転車を漕ぐのも久しぶりの私はよろめいた。辺りは薄く煙っていた。ぱちぱちという火の音が聞こえた。私は自転車を漕ぎ続けた。

祖父は急に 「ワイはな、別にどっちでもかまん」 と言った。「え? 」「ワイは別に、お前がどうしようとかまんかったんだ。戻ってきても、こんでも、子を産んでも、産まんでも、どうでもかまん、ワイには先がないからな。でもお前の父さん母さんはワイとは違うでな」 返事をしようとしたが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました