『「第二の不可能」を追え! ――理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ』(みすず書房) – 著者: ポール・J・スタインハート – 中村 桂子による書評

書評総合

『「第二の不可能」を追え! ――理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ』(みすず書房) 著者:ポール・J・スタインハート
不可能を可能にした30年
三五〇ページほどの本を読み終えパタンととじた時の爽快感は格別だった。研究はこうでなくっちゃ。どうしても知りたいことを三〇年以上かけて、しかも補助金なしでやり遂げたのだ。宇宙論が専門の著者は、確立した科学原理の一つに抜け道を見つけ新しいタイプの物質(準結晶)を作り出せるという画期的概念を生み、発表した。「ありえない!」。会場にR・ファインマンの声が響いた。彼は時に、「おお! ふつうは正しいとは思えない意外なことだ。よく知る価値があるぞ!」という意味でこの言葉を発する。不可能には「1+1イコール3」のように決してありえないことの他に、前提が必ずしも正しくないために不可能とされているものがある。事と次第によっては可能となる不可能だ。著者らが挑んだ結晶学の原理の一つに「原子の周期的な並びは対称性で分類でき、対称性の数は限られる」がある。タイル貼りでわかるように対称性は一、二、三、四、六回しかなく、五回と七回以上はありえない。著者はこの規則に異を唱えたのだ。「異なるまとまりが異なる間隔で繰り返される」ことがあるとして、これを「準結晶」と名付けたのである。著名な物性物理学者、材料科学者からは「数学的には可能かもしれないが、実在するには複雑すぎる」という否定的な反応ばかりが聞こえてきた。よくあることだ。ところで、その頃若い科学者シェヒトマンが、アルミとマンガンの合金で一〇回対称性を持つ物質を作り出していた。数千年もの間不可能とされて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました