「絶対にデレてはいけないツンデレ」神田夏生 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは神田夏生さんの「絶対にデレてはいけないツンデレ」です!ストーリー A内容は、明るく振る舞いクラスカーストの上位で日々を過ごす夜船史吹。ある日、彼はクラスで誰とも関わりを持とうとせず浮いている女の子・蒼月水悠が公園で泣いている姿を目撃する。思わず声をかけた史吹はクラスで冷たい態度を取る彼女の本当の姿を徐々に知っていくことになる。そして蒼月さんの隠された秘密が文化祭を通して明らかになっていく…とこんな感じです!〜偽りの自分を捨てて〜神田夏生さんの新作!神田さんの作品は大好きなので新作すごく楽しみにしてました!自分を偽り迷う史吹とある事情から素直に想いが伝えられない蒼月さんの2人がとにかく愛おしい青春ものでした!面白かったです!まず序盤。本当の自分を偽り、クラスで陽キャのフリをしながら過ごす史吹が描かれます。居心地の悪さと本当の自分を仮面の下に隠す自分を嫌悪する彼の内心はすごくよくわかりますね…自分を偽って本当の自分が出せない時は辛いんですよね…そんな彼は公園で泣いている同じクラスの蒼月さんを見かけます。思わず声をかけてしまったところから2人の交流は始まります。蒼月さんは最初は素直になれないツンデレもといツンツンガールかと思いきや、史吹と交流していくうちに少しずつ角が取れてきて…さてはこの子めっちゃかわいいですね?(名推理)そして季節は文化祭へと移っていきます。倉庫整理の手伝いで見つけたノートの持ち主をどうしても探したいという蒼月さん。クラスの出し物を強引に演劇に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました