「『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。」凪木エコ 角川スニーカー文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは凪木エコさんの「『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。」です!ストーリー A内容は、学校ではとにかく普通な傘井夏彦。友人に彼女ができないことを馬鹿にされ思わず「おっぱい揉みたい!」と叫ぶと突然妹の友達である神崎未仔が現れる。恥ずかしい絶叫を聞かれて人生終了かと思いきや、なんと未仔から告白される。幼い頃から夏彦が好きだったという未仔の気持ちを知り晴れて付き合うことになった2人。未仔は大好きな夏彦のために尽くして、夏彦は健気な未仔にベタ惚れ!バカップルのラブコメが始まるとこんな感じです!〜おっぱいから始まるバカップル〜 凪木エコさんの新作!個人的には初挑戦の作家さんです。なろうからの書籍化作品のようですね。始まりはかなりびっくりするシチュエーションでしたが、夏彦と未仔が付き合ってからは2人のバカップルっぷりが楽しいコメディよりのラブコメでした!面白かったです!女友達の琥珀に彼女ができないことをバカにされ、思わず「おっぱい揉みたい!」と絶叫した夏彦。そんな夏彦の前に現れたのは妹の友達の未仔。なんと彼女はおっぱいを揉ませたら付き合えるのかと聞き告白してきて…始まりはかなり突拍子もなくバカっぽいのですがこの掴みはインパクト抜群でしたね。おっぱい揉みたい!と叫ぶ主人公はそれなりにいますが(いるのか?)これがきっかけで彼女ができるとは…未仔が昔から夏彦に好意を抱いていることを知り、健気な彼女の姿に惹かれて付き合うことになる2人。ここからは世

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました