10代から知っておきたい あなたを閉じこめる「ずるい言葉」

書評総合
著者:森山 至貴  出版社:WAVE出版  2020年8月刊  1,540円(税込)  208P
    ご購入は、こちらから
ざっくり要約すると、「10代の若者向けに、マウンティングに負けない方法を教える指南書」である。
10代向けに読みやすい内容と構成に仕上がっているが、「ずるい言葉」を言う人の心理分析がみごとで、大人が読んでも一つひとつ考えさせられる内容だった。
世の中には、相手より優位に立とうとして、自慢話ばかりしたり相手をけなしたりする人がいる。こういう分かりやすい「マウンティング」行為だけでなく、なかには思い込みや責任のがれ、偏見に満ちた言葉をぶつけてくる人もいる。
本書の最初のシーンに登場する「あなたのためを思って言っているんだよ」は、大人が子どもに向かって「とにかく言うことを聞け!」という時に使う代表的な「ずるい」言葉の例である。
「あなたのためを思って言っている」のはウソで、「大人の都合を押しつけて言っている」のは明らかだ。
とはいえ、「大人の都合」だけでなく「あなたのため」が少しは重なっていることもあるから、反発する前に、「どうして私のためになるのか説明してほしい」と切り返すことを著者の森山氏は勧めている。
誠実な大人であればきちんと説明してくれるはずで、納得できなくても対話の余地が生まれるのは無理強いよりはずっとマシ。きちんと説明してくれない場合は、そんな人は放っておいて、自分の好きなようにすればいいのだ。
冒頭にこんな分かりやすい例を持ってきたあと、例題となるシーンはだんだん難しくなってくる。ありがちな会話なのに、どこが「ずるい」のか簡単には分からないの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました