四つ葉のクローバーを見つけられたら幸せになれる

小説の書評と感想
今日の朝ドラ「おちょやん」主人公は座長(お芝居のリーダーぽい人)のところで雑用をやっているんだけど、洗濯や掃除といった家事の他に、謎の命令もこなしていた。そのうちの一つが「四つ葉の白詰草(クローバー)を見つけること」理由もわからず、嫌がらせか苦行のようで、草っ原に行っても身が入らなかった。座長は座員に厳しく怒鳴り散らすが稽古に加わることもなく、家では縦のものを横にもしない。それでいてたっぷり眠りどんなに片付けても毎日部屋を荒らし山ほど洗濯物をだす。主人公はワガママで横暴な座長に捨て台詞を吐いて出て行くが、座長と昔から付き合いのある座員から四つ葉のクローバーについて聞かされる。座長はお芝居が好きで居場所がない女たちに演じる場所を与えてくれたこと。結婚したけれどひどい夫で捨てられて、いろんなことがうまくいかなくて辛かったとき、ふと見た足下に四つ葉のクローバーがあって、もう一度頑張ってみる気になったこと。四つ葉のシロツメクサ……西洋では、四つ葉のクローバーを見つけたものは幸せになれるという言い伝えがある。以来、彼女にとって四つ葉のクローバーは大切なものになった。様子を見に行ってみると、座長は夜、眠っているとうそぶいていた時間、眠らずにひとりで稽古していた。何時間も汗だくになっては衣装を着替え、汚れた衣服を部屋じゅうに撒き散らしながら一心不乱に。次の朝、主人公はいつもの草っ原で四つ葉のクローバーを見つけ、座長の部屋に飾った。四つ葉のクローバーのエピソードだけ抜き出して書きました。ずっと探していても見つからなかった四つ葉のクローバー。それが見つかったのは、本気で探したから、見つかるまで真

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました