「ステラエアサービス 曙光行路」有馬桓次郎 電撃の新文芸

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは有馬桓次郎さんの「ステラエアサービス 曙光行路」です!ストーリー A内容は、戦後飛行機産業が発展した世界。憧れの亡き父の後を継ぎ商業飛行士としてデビューした夏海。彼女は姉の美春が経営するステラエアサービスという会社で妹の秋穂のサポートも受けながら日々仕事をこなしていた。しかし仕事をしているうちに夏海のパイロットとしての致命的な欠点が明らかになり…さらに山で遭難者が発生し駆けつけられるのが夏海しかいないという状況に陥るが…とこんな感じです!〜小型飛行機で空へ!〜元々気になっていた作品だったのですが、発売月に買いたい作品が多くスルーしていた今作。先日、作者さんにTwitterでリプライをいただいたこともありこの機会に読んでみました。やっぱりプロペラ機には夢がありますね…南アルプスを望む山梨県を舞台にハートフルな作品でした!面白かったです!まず現代日本より航空産業が発達した世界という設定が素晴らしかったですね。作者の有馬さんが戦史ライターということもあり、設定はカチッとしていて航空産業が発達した世界というイメージが掴みやすかったです!物語は天羽家三姉妹の次女である夏海が商業飛行士としてデビューするところから始まります。戦闘機・飛行機はあまり詳しくないのですがやっぱりプロペラ機というのは趣きがあっていいですね…夏海が乗る三式連絡機を整備するのが第二次世界大戦時にビルマの最前線で整備士をしていた夏海の祖父という設定もグッド!こういう頑固オヤジ好きです!姉の美春が経営す

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました