一茶「七番日記」(下)を読む(6)

小説の書評と感想
 岩波文庫の一茶「七番日記」(下)、2003年・刊より、6回めの紹介をする。  同(5)は、先の12月24日の記事にアップした。 今回は文化13年7月~12月の半年分、243ページ~293ページの51ページを読んだ。 俳句ページの頭部に一茶の記録メモが記されるが、漢文読みくだし文で読みにくく、天候記録が多く、訪問先も記されるが、一々追っていられない。見開き2ページの左端に校注者の語注欄があり、理解の助けになる。 年末の句数は記載なく、江戸を去る時の餞別1覧が載っている。金額など、今の僕にはわからない。 男子の世継ぎ(当時としては当然だろう)を望むらしい句、老境の句がある。 最大の支援者だった成美への追悼連作9句がある。 在菴156日、他郷228日と、やや在菴日が増えたか。 9月5日の頭部記録に、「キクト中山菅刈 茸取 栗拾」とあり、微笑ましい。 以下に5句を引く。老(おい)が世に桃太郎も出よ捨瓢(すてひさご)茹(ゆで)栗と一所(いつしよ)に終るはなし哉おもしろう豆の転(ころが)る夜寒哉浅ましや熟柿をしやぶる体(てい)たらく霜がれや米くれろ迚(とて)鳴(なく)雀写真ACより、「ウィンターアイコン」の1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました