初春のお慶び申し上げます 氏神さまと豊川稲荷

絵本の書評と感想
2021年になりました。   本年モ~ゥどうぞよろしくお願いいたします    ~*~*~*~*~*~ あけまして おめでとうございます ひだまり絵本館 花梨こと香川ミカです。 絵本のちからや、胎内記憶教育を通してほっこりかろやかになるヒントを今年もお届けできたら嬉しいです。  ~*~*~*~*~*~  三が日も過ぎました。 のんびりすぎるお正月。 元旦はてくてく歩いて 氏神さまにご挨拶しました。    産土神社にもお参りを。  丑年の令和3年 みんながにっこりほっこり かろやかに過ごせますように。  ~*~*~*~*~*~   「うし」 の絵本といえば、わたしは・・・  はなのすきなうし (岩波の子どもの本) [ マンロー・リーフ ]楽天市場880円  「はなのすきなうし」 モ~ね・・・(あ、しつこい?)大好きな絵本です。 出版されたのは1936年!(日本では1954年)  85年も前に書かれた こんな古い絵本なのに、なんだか大切なことって 変わらない。  個性って、なにかな。好きなことを とことんする。子どもを信じて見守るって こういうこと?いろいろ感じてしまいます。 もちろんこんな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました