小池都知事が菅首相に緊急事態宣言を要求、ビットコインも史上最高値(金融日記 Weekly 2020/12/18-2020/12/25)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1804.68, +1.5% (1w), +0.0% (YTD)Nikkei225: 27444.17, +3.0% (1w), +0.0% (YTD)S&P500: 3756.07, +1.4% (1w), +0.0% (YTD)USD/JPY: 103.29, -0.3% (1w), +0.0% (YTD)EUR/JPY: 126.2, -0.1% (1w), +0.0% (YTD)Oil(WTI Futures): 48.52, +0.6% (1w), +0.0% (YTD)
 年末な多くの検査施設が閉まるため見かけの感染者数は一旦は減ると思われていたが、東京の日次感染者数はついに1000人を大幅に超える事態となり、医療崩壊の危機に瀕している。そして、小池都知事が菅首相に緊急事態宣言の発出を要求することとなった。埼玉県知事、千葉県知事、神奈川県知事もこれに続いた。政局的に見るならば、常に感染対策が後手後手に回っている菅政権は、非常に厳しい立場に追い込まれたことになる。
 小池都知事は新たに都内の飲食店に夜8時までの時短要請をするが、法的強制力がなく、補助金をもらったほうが儲かる小規模店は時短して補助金をもらい、応じないほうが儲かる中規模以上の店舗は応じない、という単にオプションを与えるだけになりそうだ。実効性のある要請をするためには、特別措置法の改正が必要だが、政府はこれまでこうした法改正の議論を怠ってきた。
 止まらない感染拡大、首都圏の医療崩壊、そして、緊急事態宣言の発出、とコロナ禍は悪化の一途を辿っているが、感染拡大は必ずしも株式市場の下落材料

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました