六本木で肉塊を、鎌倉で年越しそばを食べて満足だったり 2020年大晦日を晴れやかな気持ちで過ごした一日 [日記 2020.12.31]

書評総合
2020年12月31日(木)の日記。
いよいよ2020年も大晦日を迎えた。
徹底的に遊ぶと決めていたので、悔いのないように予定を入れていた。
僕の場合やはり食べる方向に物事は進むのね。
充実の大晦日となった。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

本日のTOPICS 2020年大晦日は充実の一日
大晦日の夜明けは超クリアだった
▲ 大晦日の夜明けの海。
超クリアな快晴。
 
▲ 前夜強風だったのでその名残で波が高い。
 
▲ 今朝は風はなく穏やか。
 
▲ 2020年最後の夜明けだ。
リーンゲインズ2日目も快調
▲ リーンゲインズ、今回は全然辛くない。
まあ年末でご馳走を食べ続けているからちょうどバランスが良いという感じだろう。
六本木バルバッコアで肉納め!!
▲ 10時に家を出て六本木へと向かう。
 
▲ 六本木駅を降りてヒルズに向かう通路は全然人がいなくて驚いた。
 
▲ メトロハットのエスカレーターも無人。
 
▲ やはりここに来ると「帰ってきた」という気持ちになる。
 
▲ 巨大のオブジェに出迎えられる。
 
▲ そしてバルバッコアへ。
念のためと思い予約したのが大正解で、満席だった。
やはりみんな年末は肉塊食べたいよね。
 
▲ サラダバーも充実。
 
▲ ブラジルの皆さんはカメラを向けるとポーズを取ってくれる。
やはり国民性だろうか。
 
▲ ス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました