笑ってはいけないと紅白歌合戦

小説の書評と感想
フォロワー1000人達成まであと6人!フォローお待ちしております!    テレビっ子のわたし、大晦日は「笑ってはいけない」と「紅白歌合戦」を観るのに忙しい! 5時台はアベマTVで「ももクロ紅白歌合戦」もチラッと見たよ。木梨憲武スタートっていう闇鍋感。イイよね。 ドラクエタクトとドラクエウォーク(スマホゲーム)もしなくちゃあいけないし、年越しそばも茹でたり啜ったり、慌ただしいのです。 あいまにうたた寝もしております。ホットカーペット、あったかぁ〜い……  紅白は嵐とLiSAが観られたので満足です。 嵐はあーらしぃーあーらしーほーへーってアレは歌わなかったですね。レコ大で歌ったからいいのかな。 基本は「絶対に笑ってはいけない大貧民GOTOラスベガス」みているわけですが、新しい地図メンバーが去年に続いて登場してビックリしましたよ。 草彅くんの結婚には触れない……のは、あ、そうか、これ収録か……と一人で自問自答合点納得。収録した時点ではまだ秘密だったのね。入籍してなかったのね。ふんふんほほーん。  菅野美穂の「ほほほーい」は衝撃でした。早口で捲したてる演技の方が笑えたな。美人女優さんがあまりにも攻めすぎるとビビっちゃう。 武田鉄矢の「香水」は爆笑した。萬田久子の踊りも笑ったけど、ラストの開脚には引いちゃう。わかるかしらこのライン。 石破元防衛大臣のコメントも面白かった。存在感が笑える。しかし笑われてイイのだろうか?喋り口調や政治

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました