2020年62回レコード大賞はLiSA「炎」

小説の書評と感想
レコード大賞はLiSAの「炎」でしたね!   うう、泣けるー ノミネートのときはふつうに聴けたけど、大賞受賞のエンディングはもらい泣きしちゃったわ。涙腺よわい。  煉獄さーん!  瑛太「香水」かどっちかかな?とワクワク視聴してました。今年のレコ大は楽しめたー! なにしろ吉岡里帆が可愛かったよね!たのしげに踊ってて。   新人賞の真田ナオキ、ひっさしぶりの漢って感じの肚のすわった歌声の歌手だったなあ。受賞を機に活躍してほしい。 ズコーって倒れたアイドルは叩かれそうで気の毒。あれ、誰かにやれって言われたんじゃないかな。偉い人に指示されたら断れないだろうな。新人の子がアドリブであんなことできないよね……受賞者に失礼だしオモシロクもないし、センスない老害の発案なんじゃないかと思う。      嵐メドレーもよかったな。 釣り人(大野くん)の歌声が聞こえなくなると思うと寂しい。わたしは「Monster」が好きです。      人気ブログランキング    にほんブログ村              
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました