季刊同人歌誌「COCOON」Issue18を読む

小説の書評と感想
 季刊同人歌誌「COCOON」Issue18を、ほぼ読み了える。 到着は、今月23日の記事にアップした。 上記リンクには、同・Issue17の感想へリンクを貼ってある。 「COCOON」Issue18は、2020年12月15日・刊、89ページ、同人・30名。 巻頭32首の4名から、S・なお「秤にかける」では青春の回想を含み仕事に、S・恵理「真夜中の鳩」では連作1首の独立性に疑問を残しながら生活に、M・恵子「冬眠へ」では不安を抱えながらも家庭と仕事の勤しみに、居場所を見つけたかに思わせた。 しかし12首のN・恵「サーカス」の難病と退職と繰り返す入院、K・なお「食欲」の9年間の恋の失恋など、若者の生き辛さは変わらなく厳しいようだ。 以下に2首を引き、寸感を付す。 K・絢の「『ぽよよん行進曲』」12首より。なにもかもしんどいときは大声で歌ふ『ぽよよん行進曲』を 生活に疲れが出てきたようだ。「別居して」の句があるが、不和からでないと信じたい。 M・竜也「ヨーホー」13首より。何もかもうまくいきませんね からの、端から端まで全部いったる 努力と短歌は、奇跡を呼ぶかも知れない。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました