『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷

罪の名前 (講談社文庫)

木原音瀬著 「罪の名前」高校1年で優等生の日向には虫やカエルを生きたまま食べる性癖があった。秘めた欲望を知る幼なじみの隼人とは2人だけの秘密の行為があった。(「虫食い」)。人間の内に潜むゆがんだ本性を暴く四つの短編を収録。(講談社文庫・693円)

つい先日のことです。京都新聞で日曜毎に掲載される読書欄にある 「おすすめ文庫」 の中で発見し、すぐに読みたいと思いました。(木原音瀬という作家のことは何も知りません)

わずか数行ばかりの解説に、強く惹かれるものがありました。特に、高校1年で優等生の日向には 「虫やカエルを生きたまま食べる性癖があった」 という点に。その生々しさに、ただならぬ狂気みたいなものを感じました。常ならざる行為に秘められた、その情動の正体を知りたいと思いました。

[目次]・罪と罰・消える・ミーナ・虫食い

「虫食い」日向が初めて口にしたのは、アリでした。それからは、動いているものなら何でも口に入れてみました。かめむし、ダンゴ虫、ミミズ・・・・・・・公園にいくと、いつも地面の上ばかり見ていました。今日はどんな虫を口の中に入れようかとわくわくしていました。虫が口の中で動くのが、日向には何より楽しいことでした。

そして (隼人と) ふたりの秘密 -

日向の前に立った隼人は、無言のまま右手を差し出してきた。その手首を摑み、日向は自分の顔に近づけた。指先から、石鹸の匂いがした。そのままでもいいのに、いつも隼人は手を洗う。

人差し指を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました