アフリカで誕生した人類が日本人になるまで

書評総合
猿人からホモ・サピエンスへの進化
私たち日本人の遠い祖先であり、最初の人類でもある猿人は、1000万〜700万年前のいつか、アフリカで誕生したとされている。200万年前よりも古い人類の化石は、アフリカでしか発見されていない。しかもアフリカの中では、様々な地域で年代的にも様々な、種の異なるいくつもの猿人の化石が見つかっている。
現在、最も古いとされる人類は、中央アフリカのチャドで発見された猿人・サヘラントロプスである。700万〜600万年前に棲息していた。サヘラントロプスは、頭蓋が小さく、脳は320〜380cc程度だが、直立二足歩行をしていただろうと考えられる。人類は直立二足歩行したことで脳が発達した。
 
サヘラントロプスの子孫がその後どの系統に繋がったかはわかっていない。年代を追うと次にくるのが、420万〜200万年前のアウストラロピテクスである。アウストラロピテクスの化石を研究すると、顎の形態や歯の表面のすり減り具合の分析から、彼らが肉食をするところまで進化していたと考えられる。肉という栄養価の高い食物を食べるようになった者は、1日中何か食べ続ける必要がなくなり、時間的な余裕ができた。食べること以外に脳を使うようになり、脳は発達し、次なる階段を上り始めた。
アウストラロピテクスは、最初のヒト属に繋がったと考えられている。それが250万〜150万年前にかけて棲息していたホモ・ハビリスである。この過渡期に人類の脳は急速に大きくなり、おそらく200万年前頃にアフリカで、ホモ・ハビリスの中から原人が誕生した。
 
アフリカを出て、ヨーロッパやアジアに広がった原人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました